日吉台レディースクリニック院長 林 鴻程 プロフィール

昭和52年 東邦大学医学部を卒業後、産婦人科学教室に入局して、産科学、婦人科学の研修を
積んだ。その後、生殖医学、不妊治療に興味を覚え、昭和55年より東邦大学医学部第1産婦人科、
久保春海教授のもとで体外受精卵の着床や絨毛細胞培養に関する研究に従事した。
昭和62年に新しい絨毛細胞の培養法を開発し、ひと受精卵の着床のメカニズムを明らかにした。
この業績により医学博士号を授与された。
これらの研究実績および今日まで長年つちかってきた受精卵や絨毛細胞の培養技術を応用して、
生殖補助医療(ART)を平成10年より開始した。現在は体外受精、顕微授精、人工授精などの
ART技術を駆使して、総合的不妊診療を行っており、体外受精で高い妊娠率を挙げることが出来た。
現在も常に更なる成績の向上に努めている。